関東と関西でiPhoneの買取相場は違うのでしょうか?


地域柄というのか、関東と関西でのiPhone買い取り価格相場は若干の違いが見られます。

どちらがより高いのか、というと関西方面の買い取り価格が若干高額になっています。

大阪をはじめとした商人の町が多く集まる関西地方は、買い取り価格相場においても大きな競り合いが行われているというわけです。

中古品の買い取り価格は、基本的には供給、つまり欲しがる人の多さに対して、需要つまり在庫量が足りない場合に高額になる傾向があります。

市場に中古が多く出回っている場合、供給が余程急激に増えない限り、需要が足りているため、表示されている買い取り価格が下がったり、査定が厳しくなります。

このような買い取り相場の事情から推察すると、関西においてiPhoneは中古があまり出回らない傾向にあるだろうと予測できます。

関東圏の場合、秋葉原をはじめとする各地域の様々な店舗によってより多くの在庫が流通されるため、その分中古の出回りに関しても流通が早いのでしょう。

カテゴリー: 地域別iPhone買取相場 パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります